• HOME
  • SEO対策とは
SEO対策とは

SEO対策とは

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、日本語だと「検索エンジン最適化」となります。 一部のSEO業者による悪質なSEO対策が流行ったため、
「SEO」というと検索エンジンを欺く行為というふうに捉えがちですが、本来は検索エンジンが評価しやすいようにサイトを最適化してあげることを言います。
SEO対策は全てのサイトにおいて推奨されるべきものであり、Google自身も公式ブログを通じて同様の発言をしています。

SEO対策の重要性

  • Webサイトにとって

    Webサイト

    Webサイトは作っただけでは何の意味もありません。 自社の商品・サービスを必要としているユーザーの目に留まってこそ、認知や流入増・集客増へと繋がっていきます。
    Web上から情報を得ようとするユーザーの約9割はYahooやGoogleなどの検索エンジンを利用していると言われています。
    よって検索エンジンを経由してユーザーに見られることが流入・集客のために効率的と言えます。

  • 検索エンジンにとって

    検索エンジン

    実は検索エンジンは不完全な存在です。
    検索エンジンは、サイトを評価するためにアルゴリズムと呼ばれる評価基準を持っています。しかし、WEB上に存在する膨大なサイトの情報を処理しているため、サイトを上手く評価しきれないことがあります。
    アルゴリズムが更新されるのは、サイトを正しく評価することを追求しているからです。 よって、サイトを正しく評価させるために、サイト側からも検索エンジンが正しく評価できるような工夫や調整・改善が必要となります。

  • ユーザーにとって

    ユーザー

    WEBサイト、検索エンジンの双方にとってSEO対策は重要と言えますが、 検索エンジンを経由したWEBサイトの情報は最終的に検索ユーザーが利用するということを忘れてはいけません。
    自社の商品やサービスを求めているユーザーのために、検索エンジンを通して自社のサイトを見つけやすくする。
    そのために行うことが本来のSEO対策と言えます。

検索エンジンとSEOの歴史

過去のアップデート

日本でSEO対策という言葉が話されるようになったのは、およそ2003年ごろと言われています。
GoogleとYahoo、それぞれ独自の評価アルゴリズムを持っていて評価されるSEO対策もバラバラでした。

しかし、SEO対策が大きく変わったのは2010年からで、YahooがGoogleの検索エンジンを採用してからSEO対策は大きく変わりました。度重なるアルゴリズムのアップデートの末、それまで外部対策を重視してきたGoogleは、サイトコンテンツの質と量外部からの評価バランスを見極められるまでに進化しました。

現在のSEO対策は小手先の技術はすでに通用しません。サイトに訪れるユーザーの事を考えて、サイト内を
改善するのか、そこに、どうSEO技術のエッセンスを加えるのか。ということが重要になってきています。

SEO対策の歴史に関して詳細はこちら

検索エンジンとSEOの歴史

リスティングとSEO図

SEOとリスティング広告は同じ検索エンジンを利用した集客方法ですが、特性に違いがあります。
一般的にリスティング広告に比べ、SEOで検索結果に表示されていた方がクリック率が高いと言われています。 また、自然検索の上位に表示されているサイトは、会社の規模感に関わらず「信頼度が高いサイト」であるという印象をユーザーが持つと言われており、ブランディング形成の要因になりえます。

一方リスティング広告にはSEOにない、非常に優れた特徴があります。それは、好きなキーワードで広告を表示することができる。ということです。SEOの場合はサイトに関連しているキーワード、サイト内に表記がないキーワードで上位表示することは難しいです。しかし、リスティング広告なら自由に表示させることができるので、狙えるキーワードの幅も広がります。

このように、SEOとリスティング広告の特性とサイトの相性を見極めて、適切に選ぶ必要があります
忘れてはいけないのは、SEO対策もリスティング広告もどちらもWEBマーケティングの手法のひとつにすぎない。ということです。

お気軽にお問い合わせください。

WEBマーケティング以外の事でも、お気軽にどうぞ。ジオコードは楽しいこと、面白いこと、何でも挑戦します!

本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395

お問い合わせ

ページの一番上へ