パンダアップデートについて

パンダアップデートってなに?

パンダアップデートとは2011年2月に、Google検索エンジンに導入されたもので、

低品質コンテンツの順位を下げ、高品質コンテンツの順位を上げるために行ったアルゴリズムのアップデート

のことです。

はじめは米Googleで導入されたパンダアップデートですが、2012年7月に日本でも導入されました。

検索結果に与える影響は約4~5%程度と言われており、
対象となった一部のワードにおいて大規模な順位の変動が確認されました。

Googleの掲げるガイドラインに違反する悪質なスパム行為などを行っているサイトの検索順位を著しく下げるなど、主に外部リンクの質をチェックしたペンギンアップデートに対してパンダアップデートはコンテンツの質をチェックしたアップデートといえます。

ちなみに、パンダアップデートという名前の由来について、低品質コンテンツか高品質コンテンツか「白黒はっきりつけることからパンダアップデートと名付けられた」という話をよく耳にしますが、実際は違うようです。

というのも、このアップデートの目的がコンテンツ・ファーム(広告収益を目的とした低品質コンテンツの大量作成)の取り締まりだったことから
当初は、「ファーマー・アップデート」と呼ばれていました。

しかし、Googleはこのアルゴリズムを行ったチームメンバーにPandaというエンジニアがいたことから、その名前にちなんで「パンダアップデート」として発表したと明かしています。

パンダアップデートは社員の名前が由来

パンダアップデート導入の背景

アップデート以前の検索結果では、ユーザーにとって価値のない低品質なサイトが上位に表示され、良質なコンテンツを掲載しているサイトが下位にうもれてしまっていることが多くありました。

しかし、それではユーザーの検索満足度が低下してしまうため、それを防ぐ目的でユーザーにとって有益な情報を与える高品質なサイトを上位表示させ、低品質なコンテンツの検索順位を下げるアップデートを行いました。

どういうサイトが問題になるのか

・信頼性に欠ける内容

・誤字脱字が多い

・役立つ具体的な内容がない

・独自性の低いコンテンツ

・記事が短い

・内容が薄い
etc…

上記の要素を含んでいるサイトの検索順位に大きく影響を与えました。

反対に独自のコンテンツや情報を提供しているサイト、ユーザーに役立つコンテンツが充実しているサイトなどは評価されるようになり、検索順位が上がりました。

結局全ては「ユーザー目線」が大事

どう対処していくべきか

まずは上記にある「どういうサイトが問題になるのか」の項目で、該当している箇所があるかどうかチェックしましょう。

チェックをしたらあとは直していくだけです。
具体的な方法は下記となります。

信頼性に欠ける内容

サイト運営者の方は、自分が実際に御社のサイトに訪れたユーザーになったつもりでサイトを閲覧してみて下さい。

「これ本当?」「ちょっと怪しいな~」などと思うような箇所があれば、その情報はどのような根拠に基づいているのか、研究結果・調査内容があればそういった情報源や引用元などを記載・添付するなど、「情報の発信者」「情報の出所・根拠」の2点を明確にしましょう。.

信頼性を高めユーザー・検索エンジン双方からの評価向上につながります。
 

誤字脱字が多い

 
例えばあなたが何か調べものをした際に、読んだ本や閲覧したwebサイトが誤字脱字ばかりだとしたら、「この情報は信用できるだろうか」「大丈夫だろうか」と少し不安になるでしょう。

それは、検索エンジンにも同じことがいえます。

誤字や脱字は必ずチェックし、修正してください。文章の意味合いが変わってしまうだけでなく、「信頼性」や「責任感」等の欠如による品質低下につながります。

もし不安な方がいれば文章をチェック・校閲できるツールなどもあるので利用してみるといいでしょう。

役立つ具体的な内容がない

ユーザーは「目的」をもってサイトを訪れます。
もちろん内容は様々ですが、「目的達成に役立つサイト」は高品質なサイトと認識されやすい傾向にあります。

具体性を持たせることで、目的達成に繋がりやすく、評価を得やすいサイトになります。

独自性の低いコンテンツ

「独自の調査」「独自の見解」といった、他では得られない情報を掲載しましょう。

「他では得られない有益な情報」は価値の高い情報で、品質の向上につながります。

逆に、他サイトからのコピーや、どこでも得られる情報は価値が低い情報となります。

他サイトからコピーした文章がないか、他サイトに転載・盗用されていないか、などをコピペチェックツールなどを使ってチェックしてみるといいでしょう。 

記事が短い・内容が薄い

コンテンツ作成は妥協しないことが重要です。
必要な情報をまとめて、伝えたい情報がしっかりユーザーに伝わるようにコンテンツを掲載しましょう。

「内容がほとんどない」「広告ばかり」「画像ばかり」といったページは低品質と認識される可能性があり、注意が必要です。

アップデートに影響されないサイト作りをするためには?

パンダアップデートでの対処法について記載しましたが
長い目でみると、実はアルゴリズムのアップデートにあわせた調整を加えることは本質的な改善とはいえません。

これにはGoogleの理念をしっかり理解する必要があります。

Googleがとなえる10の理念というのがあり、その中でこのような言葉があります。

Googleは、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。

(引用: Google が掲げる 10 の事実)

「ユーザーファースト」と言ったりもしますが、
これは、ユーザーが本当に求めている情報を検索結果に表示させる、ということです。

Googleは、ユーザーが満足できるサイトを上位表示させようとしているため、低品質コンテンツは上位表示させたくありません。

そのため、パンダアップデートのような、低品質なサイトの順位を下げ、ユーザーにとって有益なサイトの順位を上げるアルゴリズムのアップデートを行います。

そのため、アップデートにあわせた調整を行うことは間違いではありません。

むしろ、Googleから高品質なサイトと判断されるための改善なのでユーザーにとっても御社にとってもプラスの効果があるでしょう。

しかし、サイトの改善を行うことは、あくまでユーザーのためであってアルゴリズムのためではない、ということを明確にしておく必要があります。

もちろん、Googleに適正な判断してもらえるよう、調整を行うことは重要ですが、サイト運営者がなによりも意識しなくてはいけないことは、サイトに訪れるユーザーにとって有益なサイトを目指して日々改善を行うことだということです。

そして、そうしたサイト運営により、
ユーザーにとって有益だとGoogleから評価されることで
結果的に「アップデートに影響されないサイト」につながっていくといえるでしょう。

Googleの評価する良質なサイトとは

Googleがチェックする項目とは

ここまでの情報をまとめると、
下記のような条件を満たすことで、「高品質」の評価に繋がると考えられます。

・作者・著者が明確で信頼できる
・情報の出所、根拠が明確で信頼できる
・他では得られない、価値ある情報を発信している
・細かいところまで配慮が行き届いていて、不備なく、わかりやすくまとめられている
・上記4項目を満たした上で、ユーザーが「目的達成」するために役立つ作りになっている

上記を満たせば本当にGoogleは良質だと評価するの?
と気になった方も多いのではないでしょうか。

実はGoogleは、どのようなサイトを良質なサイト、と判断するか公式に発表しています。

品質を評価する際の項目を記載しているのでサイト作りの参考にご覧ください。
(https://webmaster-ja.googleblog.com/2012/09/more-guidance-on-building-high-quality.html)

お気軽にお問い合わせください。

WEBマーケティング以外の事でも、お気軽にどうぞ。ジオコードは楽しいこと、面白いこと、何でも挑戦します!

本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395

お問い合わせ

ページの一番上へ