ペンギンアップデートについて

ペンギンアップデートってなに?

ペンギンアップデートとは

ペンギンアップデートとは、サイトに対して悪質なスパム行為やGoogleがサイトの運営者向けに提示しているガイドラインに著しく違反しているWebページ、質の低いリンクがあるサイトなどに対してサイトの評価や検索結果の評価を下げ、良質なコンテンツ作成やページの表示速度改善などユーザーと検索エンジンに対して良いページやサイトの評価を上げることを目的としたGoogleアルゴリズムのアップデートです。

皆さんは、何か知りたいことや調べたいことがある時にWebを使って検索をしたことはあるかと思います。検索するワードによって様々なページが表示されます。

Googleは、検索者にとって質が高く有益なコンテンツがあるWebページを上位に表示することを目的としています。そのために、様々なアルゴリズムが存在し変更(アップデート)を重ねてきました。その施策の一つがペンギンアップデートです。

また、その中でも外部リンクの影響が強く、順位にも大きく影響すると言われています。

その背景としては、ペンギンアップデートによるGoogleからのペナルティ(悪質なスパム行為などを行っていると判断したサイトに対して、検索順位を著しく下げること)に該当するのが外部リンクに多くあるためでした。

Googleからのペナルティ

Googleからのペナルティには、手動と自動の2つのケースがあります。

手動のペナルティとはGoogleのスタッフが、世の中に存在する各サイトを目視でチェックし、人力で判断して与えるペナルティのことです。

その多くは「検索順位の大幅な下落」などとても厳しいペナルティとなります。手動のペナルティは、ペナルティの原因をサイトから排除し、Googleからの再審査を通過することで解除できます。

自動ペナルティとはGoogleのアルゴリズムが自動で各サイトの違反を判別し、課しているペナルティのことです。ペナルティ自体は手動より軽いものになりますが、原因を特定することが困難なため解除に時間がかかります。

ペンギンアップデートの後、外部リンクなどでスパム行為を行っていたサイトが次々とペナルティを受けていったので、SEO施策が見直されるきっかけとなりました。

ペンギンアップデートの見直し

ペンギンアップデートの歴史

ペンギンアップデートは、過去に何度もアップデートがありました。

1番最初にペンギンアップデートが行われたのが2012年4月です。

その後、データの更新やアルゴリズム自体の更新が行われています。

  • 2012年04月  ペンギン・アップデート1.0
  • 2012年05月  ペンギン・アップデート1.1
  • 2012年10月  ペンギン・アップデート1.2
  • 2013年05月  ペンギン・アップデート2.0
  • 2013年10月  ペンギン・アップデート2.1
  • 2014年10月  ペンギン・アップデート3.0
  • 2016年09月  ペンギン・アップデート4.0

直近ですと、2016年9月23日にペンギンアップデートを実施するとGoogleからの公式アナウンスがありました。
参考:Google ウェブマスター向け公式ブログ

https://webmaster-ja.googleblog.com/2016/09/penguin-is-now-part-of-our-core.html

ただ、実際には2016年9月初旬から大規模な順位変動が起きており、この時期からペンギンアップデートのテストが行われていた可能性が高いとも言われています。

ペンギンアップデートの対象はどんなサイト?

サイトの運営者が気になるのが、実際にどのようなサイトやページが問題となりペナルティを受けてしまうかだと気になるところです。

ペンギンアップデートは、悪質なスパム行為やGoogleのガイドラインに違反しているWebページが該当し、特に品質の悪い被リンクがあるサイトはペナルティの対象となりやすい傾向にあります。

具体的には下記のようなサイト・ページが対象になると考えられます。

  • ・SEO対策を目的とした意味のない被リンクがあるサイト
  • ・検索者のニーズに関係の無いリンク集のようなサイト
  • ・コンテンツが乏しく品質の低いサイト

上記のようなページができる要因として下記のような項目をあげることができます。

・他のサイトと重複コンテンツがある
→重複コンテンツとはページのURLが違っていても記載されている内容が似ていり同じようなコンテンツのことです。検索結果に同じようなコンテンツが複数あることをユーザーは求めていないので、重複コンテンツはマイナス評価となります。

・コンテンツが自動生成されている
→ページ数が多いと順位が上がるという解釈の誤解により、自動生成ページが作成されることがあります。自動生成とはプログラムにより、外部サイトや関連キーワードのリストを入れることで自動で多くのコンテンツを作るような仕組みのことです。本来は良質なコンテンツを継続的に増やしたり、最新の情報を提供しているとユーザーにメリットがあるため評価があがるとしています。

・リッチスニペットのマークアップを悪用している
→リッチスニペットとはユーザーのクリック率を高めるために、検索結果で視覚的にページの内容が分かるような情報を指します。リッチスニペットを表示させるには構造化データを使用します。その際に、リッチスニペットを表示させるためだけに悪用するとサイト全体で評価が下がる可能性やリッチスニペットが表示されなくなるかもしれないのです。

・隠しテキストを利用している
→CSSやHTMLの書き方を変えて、検索エンジンとユーザーどちらか一方にしか読めないテキスト(隠しテキスト)がある場合は、偽装行為と見なされGoogleのガイドライン違反にあたります。

Googleのガイドライン違反は重く処罰されます

ペンギンアップデートの対処法

ペンギンアップデートの対策として以下の方法があります。

  1. 悪質なリンクがあるか確認して否認申請などで対処
  2. コンテンツが低いものがないか確認してユーザーや検索エンジンに良いページを作成
  3. スパム施策を実施している場合は施策を停止する

だだ、サイトの順位が下がってしまった理由をペンギン・アップデートが原因であると判断するのは難しいこともあります。順位を決定するGoogleのアルゴリズムはペンギン・アップデートの他にも複数存在しているからです。

順位が下落してしまった場合、どのアップデートの影響か考えるよりも何が原因で下落したのかを調べる方が良いでしょう。

Googleのアルゴリズムのアップデートに対応するサイトやページを作るのではなく、検索者に質の高いコンテンツや情報を提供することを意識しながらWebページを作ることで、アップロードに左右されない運営が出来る可能性があります。

お気軽にお問い合わせください。

WEBマーケティング以外の事でも、お気軽にどうぞ。ジオコードは楽しいこと、面白いこと、何でも挑戦します!

本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395

お問い合わせ

ページの一番上へ