2018/05/16

SEOは順位を向上させることではない?

SEO=順位を向上させるためだけのものという先入観は禁物。

SEO対策はサイトや記事を検索上位に表示される目的だけに講じられる手段ではなく、ユーザーの流入数を増加させる目的と、コンテンツが発信している情報とユーザーが実際に求めている情報とのミスマッチングを防いでターゲットとするユーザーのニーズを絞り込む目的があります。

こちらでは、SEO対策を講じる上で陥りやすいポイントと、順位を向上させること以外の目的をお伝えしています。

SEOは検索エンジンでページを上位表示させるためのだけの手段として広く認識されるようになりました。

もちろん、検索上位を目指すという意識は間違いではなく、検索順位は目に見える分かりやすい評価基準として適しているので、ページが上位表示されることは一つの目指すべきポイントともいえるでしょう。

しかし、SEO対策を講じる上で本来の目的と目指すべきゴールを見失っていませんか。

こちらでは、SEO対策を講じる上で改めて思い出して欲しいポイントをお伝えします。
検索順位の向上以外でSEO対策を講じる目的も解説しますので、参考にしてみてください。

 

コンテンツが本来目指すべきゴールは「成果」

SEO対策で陥りやすいポイントですが、自身のページが「検索上位に表示されること」だけを目標に掲げていませんか?

もし検索トップに表示されることだけをSEOの目的とするのであれば、1ヶ月あたりに10人も満たないユーザーしか検索しない「超スモールキーワード」を狙ってコンテンツを作れば良いということになりますが、それが本来目指しているものなのかというと、答えは「NO」でしょう。

冒頭にもある通り、検索上位を目指すのは間違ったことではありません。
検索順位の動向は検索エンジンとユーザー両者の評価によって上下するので、検索数の多いビッグキーワードで上位表示されれば多くのユーザーから注目されます。

しかし、検索上位に表示されることはあくまで一つの手段であり、コンテンツが根本的に目指すべきゴールは「成果」であるという点を忘れてはいけません。

SEOは順位を向上させる以外にも2つの目的がある

SEO=検索順位を向上させるためのものとして広く認識されていますが、SEO本来の目的は自身のサイトや記事コンテンツがユーザーに高く評価されて成果に繋がることであり、検索順位の向上以外で忘れてはならない目的があります。

ユーザー流入数を増やす目的

自身のサイトや記事のコンテンツが評価されて成果を生み出すようになるためには、ユーザー流入数の増加を図らなくてはなりません。

検索エンジンはキーワードで検索したユーザーにとって有益だと思われるサイトや記事を高く評価するための複雑な計算方式を有しています。

よって、訪れたユーザーがページ内部のコンテンツを見て満足できる有益な情報が載っていることがユーザー流入数を増やすための絶対的な条件といえるでしょう。

また、実際に優れたコンテンツを有していたとしても検索エンジン側に正しく伝わらなかったら良い評価が得られず成果に繋がりにくいので、ページ内部に見出しや画像といったそれぞれのタグを効果的に設置し、ページ自体を検索エンジンに理解しやすいものに仕上げることが重要です。

検索エンジンにとって分かりやすい内容とは、つまり「ユーザーにとっても分かりやすい」ということなので、上記のような取り組みがSEOとして効果を発揮してユーザーの流入数増加を図ることができます。

ターゲットとするユーザーを絞り込む目的

サイトや記事のコンテンツが発信している情報とページに訪れたユーザーが実際に知りたい情報、双方のミスマッチングを防ぐためにターゲットとするユーザーを絞り込む必要があります。

例えば、ユーザーが「ネクタイ」「結び方」と検索した場合。

上記のユーザーはネクタイのカタログが見たいのではなく、ネクタイの正しい結び方を知りたいということは一目瞭然です。

しかし、同じ「ネクタイ」というキーワード1つを挙げてもユーザーのニーズはそれぞれ異なる上、ミスマッチングが起こってしまうと成果に繋がらないことは明白です。

このようなミスマッチング防ぐためにもSEO対策は必須であり、コンテンツが発信している情報がどのようなユーザーのニーズを満たせるものであるかを理解し、他の競合サイトと比較しながら相応しいキーワード選定を行わなくてはなりません。

SEOは成果に辿りつくための手段であり目標点は別にある

サイトや記事が本来目指すべきゴールは「アクセス数の増加」や「商材の売上」といった成果ではないでしょうか。

多くのユーザーに自身のコンテンツを知ってもらうためにも検索順位の向上を図ることは大切ですが、コンテンツを作る本来の目的を見失ってはいけません。

SEOはあくまでもユーザーをコンテンツに呼び込むための手段ですので、SEO自体がコンテンツの目的とならないように気を付けましょう。

ページの一番上へ