2018/05/15

SEOコンサルに頼む前に確認したい4つのサービス内容

SEO対策をコンサルティング会社に依頼する前に確認しておきたいサービス内容は、ロングテールSEOをやっているか、そして信憑性の高い紹介事例を開示してくれるかどうかに注目してください。

SEO対策を講じる事によりサイトを上位に掲載されるとアクセス数の増加やCVRのアップが見込めますが、悪い対策によってサイトの評価を落とさないように注意しましょう。

こちらでは、SEOコンサルに頼む前に確認したいサービス内容などを4つご紹介しています。

検索エンジンの上位にサイトを表示させるためにSEO対策を講じているコンサルティング会社に依頼する方がいらっしゃるほど、現在SEO対策とはインターネットで欠かせないものになりました。

しかしながら、世の中には効果抜群なコンサルばかりではありません。
悪質な方法を展開するコンサルも存在します。

今回はそうした問題を未然に防ぐべく、SEOコンサルに依頼する前に確認しておきたい実績・Web関連知識等の有無をはじめとしたサービス内容を4つご紹介。

サービス内容をひとつの指針にしてご自身に合ったコンサルを見つけましょう。

ロングテールSEOをやっているか

オススメできるSEOコンサルはこのロングテールSEOを主な施策としています。

人気キーワードからのアクセス数と、複数の人気のないキーワードからのアクセス数を比べると、後者のアクセス総数が上回るとされています。
これをロングテールの法則と呼びます。
これを使っているのがロングテールSEOです。

どれだけ人気のあるキーワードをサイト内に盛り込んだとしても、競合サイトも盛り込んでいる場合が多く、ご自身のサイトが検索エンジンの上位に来る確率は少なくなります。
そこで、アクセス数の少ないキーワード(ロングテールキーワード)を盛り込むと、競合サイトも盛り込んでいる確率は低いためにご自身のサイトが検索エンジンの上位に来るようになる仕組みなのです。

ロングテールSEOは複数のロングテールキーワードからのアクセス数を確保できるため、人気キーワードの順位変動が起きたとしても、その影響は比較的軽くなります。

悪質なコンサルは外部リンクを増やしたり、無意味なキーワードを含んだコンテンツを作成する施策を提示します。
これらでSEO対策をしても、評価が上がるどころか下がってしまうリスクが高まるので注意が必要です。

 

急がば回れ!即効性のあるSEO対策はない

「すぐに結果が出る!」と謳っているコンサルを見かける事もありますが、結果を出すのはコンサルではなく大手検索エンジンのアルゴリズムです。
人為的な力は効果がありません。

インターネットユーザーからコンテンツに対する正当な評価を貰い、徐々に他サイトでリンクを掲載してもらえる事こそがアルゴリズムの求めている良質なサイトへの近道となります。

 

サイト評価を下げるような悪い施策をしていないか

オススメできないSEOコンサルのサービス例

  • 別サイトコンテンツの無断転載
  • 外部リンクの増加
  • 背景と文字の色を同じにして見えなくする(隠しテキスト・リンク)
  • 検索エンジンと人間それぞれに異なったページとコンテンツを見せる(クローキング)
  • 複数の低品質なサイトから特定のサイトに流入させるページを作る(ドアウェイページ)

こうした施策例は大型検索エンジンが公式で不正なSEO施策として公開しています。
これらに該当するサイトは検索結果に掲載されないというペナルティを課されてしまうので、ご自身で良いコンサルト悪いコンサルの判別ができるようにしておきましょう。

 

事例紹介で導入前後の比較データまで見せてくれるか

コンテンツをメインとしている良いSEOコンサルは、ロングテールキーワードでアクセス数を増やしていく事を目的とした施策を採用しています。

特定のキーワードで上位に浮上した事を説明されるよりも、SEO対策導入前のアクセス数と導入後の比較を見せてくれるコンサルはオススメです。

いくら検索エンジン上位のサイトを担当したと言われても、元々アクセス数の多いサイトであればSEOコンサルのおかげとは言い難くなります。
対策導入前と後のアクセス数を明確に示すコンサルは自分たちの結果に自信を持っている証拠です。

コンテンツが豊富でも、それが低品質なものばかりであればアルゴリズムは検索順位を下げていきます。
上位に浮上したとしても、それが持続されないと意味がありませんよね。

 

コンテンツの充実を目指そうとする姿勢があるか

どんなサイトであれ、一番望ましいのはサイトから収益を得られる状態だと考えられます。
検索エンジンで上位になるだけではその状態になりません。そのためにはサイトコンテンツの充実が必要になります。

コンテンツについて触れてこないコンサルは避けておくのが吉。
SEO対策のノウハウを持ちながらも、顧客のニーズ(収益化)に応えるべく臨機応変に良質なコンテンツを提供できるコンサルこそが選ぶべき企業でしょう。

十分な知識とスキルを併せ持ちながら、ご自身のコンテンツを一層良いものに昇華できる企業に巡り会えるよう、サービス内容や企業としての姿勢をチェックしておくと良いですね。

株式会社ジオコード|全てが完結する唯一のSEO対策

ページの一番上へ