2018/05/22

絶対に押さえるべきホワイトハットSEOの3大テクニックとは?

ホワイトハットSEOは検索エンジンの推薦しているSEO対策であり、ブラックハットSEOと違って重いペナルティが課せられるリスクのない正攻法です。

ホワイトハットSEOで大切なポイントはユーザーにとって価値のあるコンテンツであるかどうかに終始しており、そのコンテンツをユーザーと検索エンジン双方に正しく伝えるためにタグなどのテクニカル要素が求められています。

こちらでは、ホワイトハットSEOの3大テクニックについて解説しています。

SEOは大きく分けると「ホワイトハット」と「ブラックハット」の2種類があり、両者を一言で表すとしたらホワイトハットが「正攻法」なのに対し、ブラックハットは「裏をかく変化球」です。

ブラックハットは短期的に効果を上げることができますが、検索エンジンの利用規約に違反しているSEOなので、長期的かつ確実に効果を上げるには正攻法であるホワイトハットがベストです。

こちらでは、ホワイトハットSEOを講じる上で参考にしたい3つのテクニックを解説します。

テクニック1.ユーザーにとって価値のあるコンテンツを作る

「コンテンツ・イズ・キング」を意識する

 検索エンジンはユーザーにとって有益だと思われるコンテンツを高く評価してキーワード検索結果で上位に表示しますので、コンテンツ・イズ・キングを意識してユーザーにとって価値のあるコンテンツを作りましょう。

ユーザーニーズに沿ったキーワード検索結果を表示するために、検索エンジン側は独自のアルゴリズムで対象サイトを評価して順位を決定しますので、いかに有益な情報が載っているコンテンツを有しているかがポイントです。

優れたコンテンツを作るためには、他のサイトのコピペといった転用はNG。

ターゲットニーズを調査し、どのような情報を盛り込んだら訪れたユーザーが満足できるかを第一に考えて独自性と専門性に富んだ内容に仕上げてください。

検索エンジンのベストな在り方を利用する

ご承知の通り検索エンジンの主な収入ソースは広告収入。

検索結果でユーザーにとって需要の低いページを上位に表示していると利便性が低いと判断され使われなくなってしまいますので、検索エンジン側は常にユーザーニーズを満たせる検索結果を表示するモデルでなくてはいけません。

例えば、「渋谷 イタリアン」というキーワードで検索したユーザーに対して銀座のお寿司屋を紹介しているページがトップに表示されたとしたら、ユーザーニーズを満たせていないことになります。

上記のようなミスマッチが起きるとユーザー側は使っている検索エンジンに対して不満を抱いて利用しなくなり、比例的に広告収入も減ってしまうので、検索エンジン側はユーザーごとのニーズに合った検索結果を表示して満足度を高水準に保ちたいと考えています。

このプロセスがSEO(検索エンジン最適化)であり、検索上位に表示されるためにはターゲットユーザーのニーズと親和性の高いコンテンツの制作とキーワード選定を行い、継続的に発信していかなくてはなりません。

テクニック2.タグを設定してサイトの構成を正しく伝える

サイトがユーザーにとって分かりやすい構成であるかどうかはSEOの評価ポイントの1つなので、タグを適切に設定してサイトの構造をユーザーに分かりやすく伝えましょう。

タグは大きく分けると以下の3種類存在します。

1.タイトルタグ

タイトルタグは文字通りサイトのタイトルを設定するためのタグであり、検索エンジン側が重要視する評価ポイントなので、SEO対策で選出したキーワードをタイトル内に含めてユーザーが内容を具体的にイメージしやすい文言を選定しましょう。

 

2.メタディスクリプションタグ

メタディスクリプションは検索結果で表示された各タイトルの下部に表示される文言であり、ページが「どんな内容であるか」を説明する役割を持っています。

SEO対策で選定したキーワードはこちらのメタディスクリプションで太字となって表示されるので、ユーザーが読んでいて違和感を覚えない程度にキーワードを含めることで訴求力も上がりますし、タイトルの次にユーザーの目に入る箇所なのでCTRに与える影響も大きい箇所です。

3.見出しタグ

見出しタグは<h1>〜<h6>までが存在しますが、「数値が低いものから高いもの」という順番を正しく守って設定しなくてはいけません。

見出しタグの正しい使用例は以下の通りです。

  • <h1>タイトル</h1>
  • <p>テキスト</p>
  • <h2>大見出し</h2>
  • <p>テキスト</p>
  • <h3>小見出し</h3>
  • <p>テキスト</p>

上記のように、見出しタグは小さい数値から大きい数値へという順番を守って設定しないと、検索エンジン側がサイトの構成を正しく読み取ることができないので注意してください。

テクニック3.第三者からの評価を集める

 第三者からの評価とは被リンクの質と量のことであり、良いコンテンツを有している価値のあるサイトは自然と被リンクが集まるという流れから、検索エンジンはこの第三者からの評価にも注目しています。

自身のサイトと親和性の高いページからの被リンクを集めることができれば流入数アップを図ることも可能ですが、ここで注意したいのはあくまでも自然発生した被リンクであるかどうかです。

被リンクを集めたいからといって自作自演のリンクばかりを貼っていると、検索エンジンに見つかってしまった時に規約違反としてサイトが検索圏外にされてしまう重いペナルティを受けるリスクがあるので避けましょう。

ホワイトハットはリスクを負わない真っ当なSEO

短期的にSEOの効果を望みたいという理由から、ホワイトハットの対であるブラックハットが一時期流行していました。

しかし、ブラックハットSEOは検索エンジンの利用規約に違反しており、検索エンジンに見つかってしまうとサイトが検索圏外にされてしまうといったペナルティが課せられています。

自身のコンテンツを大切にしたい、ユーザーに見てもらいたいという気持ちがあるのであれば、ホワイトハットSEOによる正攻法がベストです。

ジオコードの関連するサービスのご紹介

株式会社ジオコード|全てが完結する唯一のSEO対策

ページの一番上へ