2019/10/07

httpステータスコード一覧 – 各コードの意味・影響・対処法を解説します

ステータスコード一覧、意味・影響・対処法を解説

解説猫(仮)
解説猫(仮)SEO解説担当の猫さんです
元SEOディレクターで、現在は自社マーケティングやってるみたいです
・趣味:昼寝
・どんな人でもわかる優しい説明をこころがけているが、そんなにうまくはない
・冷静な判断で仲間からの信頼も厚い(自称)
竹内
竹内現役SEOディレクターのおじさんです
顔は怖いけど美しく清らかな心の持ち主です
・顔は怖いが、丁寧な対応でクライアントからの信頼も厚い
・顔は怖いが、空気を読むスキルが高く冗談も通じる
・顔は怖いが、笑顔も結構怖い

普段調べものや買い物などでWEBサイトを見ているときに、「表示されない」「見られない」などのエラーに遭遇したことはありませんか?
また、その時に「404」や「500」といった数字が表示されませんでしたか?

今回は、「404」や「500」のような「ステータスコード」と呼ばれる数字について、種類と意味と対処法を解説していきます。

解説猫(仮)
こんにちは、こんばんは、解説の猫(仮)と申します。
この記事では、ステータスコードについて解説しています。
よろしくお願いしますね。

竹内
こんにちは!竹内と申します。
ステータスコードからはページがどう処理されているかがわかります。
エラー対応に役立ちますので、猫さんと一緒に解説します!

HTTPステータスコードとはなにか

ブラウザのリクエストに対する、サーバーのレスポンスのことです。
サーバはこのレスポンスを、3桁の数字で返します。
この数字のことを「HTTPステータスコード」と言います。

各番号にはそれぞれ意味があり、受信した番号に応じてブラウザの処理が変わります。
100番代~500番代まで存在し、それぞれ役割が異なります。
まずはこちらを認識しておきましょう。

ステータスコード 処理内容
100番台 処理の継続
200番台 処理の完了(普段見ている普通に見られるサイトは「200」)
300番台 移転(転送)処理
400番台 クライアントエラー、リクエストに誤りがある状態
500番台 サーバーエラー、リクエストをサーバーが処理できない状態

ステータスコード一覧

ステータスコードの一覧です。
各コードの処理内容を表にしてあります。

100番台のステータスコード一覧

ステータスコード 処理内容
100
Continue
リクエストの継続、サーバーがリクエストの最初を受信し、まだ拒否していない
101
Switching Protocols
リクエストに対してサーバがプロトコルの切替えを要求
102
Processing
現在処理を継続している

200番台のステータスコード一覧

ステータスコード 処理内容
200
OK
リクエストが成功し正常に情報が返される
201
Created
リクエストが完了し、新たに作成されたデータのURIが返される
202
Accepted
リクエストは受理されたものの処理が完了していない場合に返される
203
Non-Authoritative Information
ローカルやプロキシなどからの情報であり、オリジナルの情報ではない(信頼できない)場合に返される
204
No Content
リクエストを受理したものの、返すべき情報が存在しない場合に返される
205
Reset Content
リクエストを受理し、ユーザエージェントの画面をリセットする場合に返される
206
Partial Content
レジュームを行ったり、ツールを使用し分割ダウンロードを行った際の部分的リクエストを受理した場合に返される
PDFファイルをダウンロードしようとした際にファイルを分割してダウンロードする etc…
207
Multi-Status
ステータスが複数存在する場合に返される
226
IM Used
IMを使用している。
Delta encoding in HTTPの拡張ステータスコード

300番台のステータスコード一覧

ステータスコード 処理内容
300
Multiple Choices
リクエストに対し複数のレスポンスが存在し、選択が必要な場合に、選択肢と一緒に返される
301
Moved Permanently
恒久的な移転(転送)
リクエストしたリソースが永続的に移動されているときに返される
302
Found
一時的な移転(転送)
リクエストしたリソースが一時的に移動されているときに返される
※元はMoved Temporarily(一時的に移動)だったが、イレギュラーな使われ方が多かったため、
新規で303,307が追加され、302はFoundになった
303
See Other
他のURIにリクエストに対するレスポンスが存在するときに返される
※「他を参照してください」の意味
304
Not Modified
リクエストしたリソースが更新されていないことを示す
画像やjsなどのキャッシュで変更がなかった場合によく使われる
305
Use Proxy
リクエストをプロキシを使用して行わなければならない場合に返される
307
Temporary Redirect
一時的にリクエストしたリソースが移動されている場合に返される
308
Permanent Redirect
恒久的な移転(転送)
現在提唱中の新しいステータスコード
明確にPOST,GETの変更を許可しない点が301との違い

400番台のステータスコード一覧

ステータスコード 処理内容
400
Bad Request
クライアントのリクエストが無効な場合に返される
401
Unauthorized
認証が必要な場合に返される
Digest認証やBasic認証などを行うときに使用される
403
Forbidden
アクセスの禁止、権限がなく拒否された場合に返される
404
Not Found
リソースが見つからなかった場合に返される
405
Method Not Allowed
許可されていないメソッドを使用しようとした場合に返される
406
Not Acceptable
リクエスト先の情報が、受理できない内容だった場合に返される
※言語や文字コードの違いなど
407
Proxy Authentication Required
プロキシの認証が必要な場合に返される
408
Request Timeout
リクエストが時間以内に完了していない場合に返される
409
Conflict
現在のリソースとリクエストが矛盾するので完了できない
410
Gone
リクエストされたコンテンツが消滅し、どこにいったかもわからない場合に返される
411
Length Required
Content-Lengthヘッダがないことでサーバがアクセスを拒否した場合に返される
412
Precondition Failed
前提条件に誤りがあった場合に返される
413
Request Entity Too Large
サーバの制限サイズより大きいファイルのアップロードなど、サーバの許容範囲をリクエストが超えている場合に返される
414
Request-URI Too Long
URIが長過ぎることでサーバが処理を拒否した場合に返される
415
Unsupported Media Type
サーバで指定されたメディアタイプがサポートされていない場合に返される
416
Requested Range Not Satisfiable
実リソースのサイズを超えるデータを要求した場合に返される

500番台のステータスコード一覧

ステータスコード 処理内容
500
Internal Server Error
サーバー内のエラー
サーバ上で動作させているプログラムに文法エラーがあったり、設定に誤りがあった場合など、サーバ内部でのエラーが発生した場合に返される
501
Not Implemented
非対応(非実装)
WebDAVが実装されていないサーバに対して、WebDAVで使用するメソッド(COPYやMOVE)を使用した場合などに返される
502
Bad Gateway
不正な要求をゲートウェイ・プロキシサーバで受け取り、拒否した場合に返される
503
Service Unavailable
サービスが一時的にメンテナンスや過負荷で使用不可能である場合に返される
504
Gateway Timeout
サーバー同士の通信エラー
制限時間内にゲートウェイ・プロキシサーバが処理できなかった場合に返される
505
HTTP Version Not Supported
リクエストがサポートされていないHTTPバージョンである場合に返される
506
Variant Also Negotiates
Transparent Content Negotiation in HTTPで定義されている拡張ステータスコード。
ネゴシエートを試みたがエラーになった場合に返される
507
Insufficient Storage
WebDAVの拡張ステータスコード
リクエストを処理するために必要なストレージの容量が足りない場合に返される
508
Loop Detected
サーバ内でリダイレクトループに入ったときに返される
509
Bandwidth Limit Exceeded
サーバに設定されている転送量を使い切った場合に返される
510
Not Extended
An HTTP Extension Frameworkで定義されている拡張ステータスコード
リクエスト拡張が必要な場合に返される
竹内
すいません…
無理です、やたら多い…
解説猫(仮)
冒頭で偉そうなこと言ってたくせにしょぼいですね…
対処方法を知っておいた方が良いコードを紹介するから、それを覚えてください。

対処が必要なコードにおける原因と対応

404エラー

404エラーの原因

404エラーが出てしまう場合、主に考えられる原因は以下の4つです。

  • URLを間違ったスペルで表示しようとしている
  • 新しいURLへのリダイレクト設定ができていない
  • アクセス先ページへのリンク切れ
  • アクセス先ページが削除されている

404エラーの要因は、外部要因でも発生する可能性があります。
ウェブマスターが制御できない点からも、検索順位に悪影響が出ることは無いと言われています。
※リンクによる評価受け渡しがなくなるため、得られるはずのプラスが減る可能性はあります。

404エラーへの対処

リダイレクトの設定が失敗しているなど、ユーザーが困るエラーは積極的に対応が必要です。
それ以外については優先順位が低いと考えて問題ありません。

また、404エラーが発生した時のために「カスタム404エラーページ」を作成することをオススメします。
カスタム404エラーページで下記のようなことを伝え、機会損失を防ぎます。

  • アクセスしようとしたページが存在しないことを伝える
  • 主要なページなど、ユーザーが探しているページへのリンクを案内する

国内外のサイトには、ユニークなデザインの404エラーページを導入しているサイトが多くありますので、参考にしてみても良いかもしれません。

500番台のサーバエラーコード

500番台のエラーは「サーバエラー」と呼ばれるものです。
サーバー側が原因のエラーが多いですが、リクエストに不備があるなど対処が必要なケースもあります。

下記ページで、サイトが本当にダウンしているのかを確認できます。
500番台のエラーが出ているときに使ってみてください。
※自分だけ閲覧不可能なのか、どんな環境でも閲覧不可能なのか確認できます。

500エラー

サーバー側に原因がある可能性があります。
契約しているサーバー会社から障害情報が出ていないか確認してください。
不備による影響も考えられ、可能性はたくさんあります。
htaccessの記述ミス、PHPやCGIのミス、パーミッション設定ミス等が該当します。

503エラー

アクセス過多などによる可不可が原因で起こるエラーです。
まずは時間をおいてからアクセスしてみてください。
時間をおいても解消されない場合は、プラグインなど何かしらの原因がある可能性があります。
心当たりのあるプラグインの停止や、サーバー会社への問合せが対処法になります。

その他の500番台のエラー

その他の500番台の主なエラーの対策は、以下の通りです。

ステータスコード 原因
501 ほとんどのケースがウェブサーバー側の異常になります。
ホスティング会社に連絡して修正してもらいます。
連絡前にページの再読み込みや、ブラウザキャッシュのクリアは試してください。
502 サーバー側の問題で、対処法はありません。
キャッシュクリアにより表示される可能性があるため、試してみてください。
それ以外はサーバー側の復旧を待つことになります。
504 時間を空けてページをリロードしてください。
プロキシサービスを使用している場合、タイムアウトまでの時間を延ばすか、プロキシの設定を無効にすることで改善される可能性があります。
505 HTTPヘッダーの確認サイトでサーバーがサポートしているHTTPプロトコルのバージョンを確認します。
レスポンスが正常な場合、WEBブラウザを最新バージョンにアップデートします。
竹内
なるほど!
考えてみれば、エラーのコードは400番台と500番台の2つですもんね。
その2つの対処法を知っておけばいいと。
解説猫(仮)
他のコードも知っておいて損はないです。
例えば302リダイレクトは301リダイレクト同様、評価を渡します。
でも、処理速度は301のほうが早い。
解説猫(仮)
そんな風にコードが持つ意味は、知っておくと便利です。
長くなるので、細かいところは機会があればになりますが…
竹内
どのステータスコードが何の役割を持ち、どんなケースで対処が必要か。
そこまで認識できたらベストですね!
解説猫(仮)
ベストとは思いますが、とても大変です…
エラー遭遇時にどう対処するか、まずはそこを抑えることが大切です。

まとめ

HTTPステータスコードを理解することで、サイトが抱えている問題と、その対処方法を発見できるかもしれません。
数も多く大変だと感じるかもしれませんが、発生したエラーの内容を理解し、対処しましょう。
中にはサイト全体が閲覧不可能になる等、強い影響のあるエラーも存在します。
予期せぬエラーが発生した時のために、事前に対処法を身に着けておくことをオススメします。

資料を無料でダウンロード
資料を無料でダウンロード

ページの一番上へ