2018/11/29

意外と知らないSEO対策!上位表示の仕組み

「品質の高いコンテンツ」を作っていればSEO対策はバッチリ!といった話も聞かれますが、本当に高品質のコンテンツを作っているだけで成果があがっていますか?
もちろん品質の高いコンテンツは必要ですが、それだけでSEO対策が十分なわけではありません。

コンテンツを掲載するWebサイトの構造、URLの適切な管理などの土台があってはじめて、品質の高いコンテンツが適正に評価されるのです。

ここでは、SEO対策の概要から具体的な対策方法までを解説します。

SEO対策とは?

SEO対策とは、Webサイトを様々なキーワードで検索結果の上位に表示させ、検索エンジンから集客を行う対策全般を指します。

日本における検索エンジンシェアは、GoogleとYahoo!JAPANが二分していますが、Yahoo!JAPANの検索結果はGoogleの検索結果をもとに作られていますので、日本におけるSEO対策はGoogle対策だと言えます。

Googleがどんなコンテンツを上位表示するのかを知るには、検索アルゴリズムを解析するよりも、Googleが目指している方向、実現したい世界を知る事が近道です。

Googleは「Googleが掲げる10の真実」というドキュメントを公開しています。
ここには、私たちがどのような考えでSEO対策をしたら良いのか、そのヒントが書かれています。

  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
  2. 1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
  3. 遅いより速いほうがいい。
  4. ウェブ上の民主主義は機能する。
  5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
  6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
  7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
  8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
  9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
  10. 「すばらしい」では足りない。

このドキュメントを読むと、Googleは下のような条件が満たされているWebサイトを検索の上位に表示させたいのではないか?と読み解く事ができます。

  • モバイルでもPCでもユーザーが使いやすい、分かりやすいサイト
  • テーマを絞ってとことん情報発信しているサイト
  • ページの表示速度が速く快適なサイト
  • 多くのサイトからの投票(つまり被リンク)が集まるサイト

SEOとは「検索エンジン最適化」という意味ですが「検索エンジンユーザー最適化」と言いかえる事もできます。

 

Googleの進化とアルゴリズムアップデート

Googleが掲げる10の事実とそこから考えられる上位表示の条件は絵空事ではありません。
これまでもGoogleは様々なアルゴリズムアップデートを繰り返し、進化してきました。

 

パンダアップデート

ユーザーにとってあまり価値のないコンテンツや、他サイトからのコピーコンテンツなど、低品質なコンテンツの検索順位を下げ、独自の情報などオリジナリティのあるコンテンツの順位を高めるためのアップデート。

 

ペンギンアップデート

人為的な被リンク対策などのスパム行為をしているサイトの検索順位を下げるアップデート。

過去のSEO対策では、残念な事にいい加減な被リンク施策やコンテンツ制作が中心の時代もありました。
しかしGoogleの進化によって、近年ではいい加減なSEO対策は逆効果になってしまいます。

つまり、本気で取り組まないと成果は出せなくなってきているのです。

 

SEO対策のメリットとデメリット

改めてSEO対策のメリットとデメリットを解説しますので、SEO対策に取り組む体制などの参考にしてください。

メリット
広告と比べて直接的なコストを抑えて対策できる。無料でできる事も多い。
上位表示ができれば中長期的に安定した集客ができる

デメリット
成果に結びつくまでに時間がかかる。
コンテンツ制作などの人的リソースが必要な対策には間接コストがかかる。
直接的な成果に結びつきやすいキーワードはライバルも多く上位表示難易度が高い。

 

SEO対策の基本と対策方法

それでは具体的なSEO対策の方法について詳しく解説していきます。

 

キーワードを設計する

Webサイトのページごとにターゲットとするキーワードを設定する作業です。
各ページでのコンテンツ制作/改善の指針になるだけでなく、「抜け漏れダブりなく」設定する事で、ページ同士の競合を防いだりする重要な作業です。

SEO対策において一番重要なのですが、いい加減に行われてしまうことも多い作業です。
以下のようなキーワード設計は間違いですので注意してください。

  • 検索意図が違うキーワードを設定する
  • 1ページに異なるテーマの対策キーワードを設定する
  • 検索数が少ない(ニーズが少ない)言葉で設定する
  • ビッグキーワードばかり設定する

良いキーワード設計は以下の条件を満たしています。

  • コンテンツと検索意図がマッチしている。
  • 1ページには1テーマ、1キーワードが設定されている
  • 一般的に使われている言葉をキーワードにしている

ひとつひとつの条件について解説します。

 

コンテンツと検索意図がマッチしている

キーワードには3つのタイプがあり、それぞれのタイプにマッチしたコンテンツを用意する必要があります。

  • Knowクエリ
  • 何かを知りたいニーズのあるキーワード。記事コンテンツを制作する事で対策する事が一般的。
     

  • Doクエリ
  • ものを買いたい、サービスを申し込みたいといった何かをしたいニーズのあるキーワード。商品リストやサービス紹介ページなどで対策する事が一般的。
     

  • Goクエリ
  • 特定のWebサイトにアクセスしたいニーズのあるキーワード。いわゆる指名検索。

商品一覧ページにKnowクエリを設定したり、記事コンテンツでDoクエリを設定したりしないようにしましょう。

 

1ページには1テーマ、1キーワードが設定されている

1ページに複数のテーマ、複数のキーワードを設定しないようにしましょう。

賃貸物件の一覧ページに、新築物件も駐車場も対策キーワードとして設定するのは間違いです。それぞれの専門ページに対してキーワードを設定するようにしましょう。

 

一般的に使われている言葉をキーワードにしている

ひとつのものやサービスにはいくつかの言い方がありますが、一般的に使われている言葉をキーワードに設定しましょう。

「お茶 通販」であれば月間平均検索ボリュームは1,600回ありますが、「グリーンティー 通販」では月間平均検索ボリュームは20回しかありません。
「グリーンティー 通販」のように、一般的に使われていない言葉でキーワードを設定しないようにしましょう。

ビッグキーワードについては注意が必要です。
最近は検索する場所によって検索結果の異なるキーワードも多くなっていますので、単純にビッグキーワードを狙っていくという戦略がそもそも成立しない場合があります。

例えば「スポーツジム」というキーワードは、月間検索回数が60,500回あるビッグキーワードですが、検索する場所によって検索結果が大きく異なります。

こういうキーワードで上位表示を狙っても、順位を正しく計測する事はできません。
必ず検索結果を確認して検索するエリアに左右されないかどうかを確認しておく必要があります。

 

キーワードに対応するページの過不足がないか確認する

キーワードの設計が終わったら、Webサイト内の各ページにキーワードが抜け漏れなく割り当てられているか確認しておきましょう。

  • キーワードの対象ページが存在しますか?
  • 対象ページはGoogleにインデックスされていますか?

AjaxやJavaScriptでナビゲーションを設計したWebサイトでは、キーワードを割り当てるページ(URL)が存在しないといった問題が起きる場合がありますので、その場合にはキーワードに対応するページ(URL)を作成する必要があります。

対象のページがGoogleに正しくインデックスされているか確認しておく必要もあります。
インデックスの確認は、「info:」コマンドを使います。

「info:」の後ろにインデックスを確認したいURLを追加して、Googleの検索窓に入力します。

例)info:https://example.com/category/article.html

ページの評価が分散しないように設定するもしGoogleにインデックスされていない場合は、Googleにページを発見してもらえるようにWebサイト内の他のページから内部リンクを設置すると良いでしょう。

Googleは以下のような微妙なURLの違いでも「別のページ」として認識してそれぞれのページを別々に評価してしまいます。

https://example.com/
https://www.example.com/
https://example.com/index.html

https://example.com/article/
https://example.com/article/?p=001

たとえ同じコンテンツが表示されるページであっても、別のURLとして認識されるとSEOの評価が分散してしまう可能性やひどい場合には重複コンテンツとみなされる可能性もありますので、ページの評価を統合して分散させないように設定をしておく必要があります。

それぞれのページの評価を統合する事を「正規化」と呼びます。
正規化をする方法には2種類あります。

  1. ページにcanonicalタグを設置して正規化する
  2. リダイレクトを使って正規化する

1.canonicalタグを使って正規化する

広告計測用のパラメータを付与している場合や、商品一覧の在庫順、価格順での並べ替えなど、そのURLでのコンテンツは表示したいけれど、ページは正規化したい場合に使います。

以下のようなタグを、正規化したいページの<head>~</head>内に設置します。

<link rel=”canonical” href=”(ここに統合先のURLを記述します)”>

 

2.リダイレクトを使って正規化する

www有無やindex.html有無など、そのURLでアクセスした時にコンテンツを表示させる必要のない派生ページには、301リダイレクトを使って正規化します。

 

品質の高いコンテンツを制作する

高い品質のコンテンツを制作する事は、現在のSEO対策の中心的対策とも言えます。
しかし「高い品質のコンテンツ」とはどのようなものなのでしょうか?

Googleウェブマスター向け公式ブログ「良質なサイトを作るためのアドバイス」からそのヒントを得る事ができます。

  • あなたはこの記事に書かれている情報を信頼するか?
  • この記事は専門家またはトピックについて熟知している人物が書いたものか? それとも素人によるものか?
  • このサイトは、そのトピックに関して第一人者(オーソリティ)として認識されているか?この記事は2012年のもので古い情報のように見えますが、Googleが一貫して取り組んでいるコンテンツの品質に関して、有効なヒントが詰まっています。

Googleは検索結果の評価を行うための検索品質ガイドラインも公開しており、上記のような、「専門性が高いか?」「権威ある人物が執筆しているか?」「信頼できるサイトか?」といった点についてはガイドラインの中にも書かれています。

「専門性(Expertise)」「権威性(Authoritativeness)」「信頼性(Trustworthiness)」は、頭文字をとって「E-A-T」と呼ばれており、近年のGoogleは非常に重要視している点です。

まだ漠然としている部分もありますが、「人間の目で見た時にE-A-Tが満たされていると感じるか?」と考えれば、Googleの求める高品質のコンテンツになるはずです。

 

クリックしたくなるページタイトル、概要文を作成する

ユーザーは検索結果に表示されているページタイトルやページの概要文を見てクリックしています。

ページタイトルはtitleタグ、ページの概要文はmeta descriptionタグが使われる事が多いので、この2つのタグの内容は十分に精査をして作りましょう。

ページの内容を的確に伝えるだけでなく、思わずクリックしてしまうような魅力的な文章を意識して作る事が大切です。

 

titleタグ

検索結果に表示される文字数は30文字~40文字ですので、その中でページの内容を的確に伝えられるような文章にしましょう。

 

meta descriptionタグ

PCの検索結果には140文字前後、モバイルの場合には80文字前後が表示されます。例えば送料無料などのユーザーにとって魅力的な情報は、前半部分に書く事でモバイル検索結果においてもきちんと表示されます。

 

被リンク対策

リンク数の多さは検索結果を決めるアルゴリズムのひとつですが、もっとも重要なポイントではありません。
被リンクはほとんどないが高品質なコンテンツは上位表示できますが、その逆はあり得ないない事からも明らかです。

また、サテライトサイトやブログを量産して対象サイトにリンクを設置するなど、人為的な被リンク対策はGoogleからペナルティを受けてしまうリスクが高いためおすすめできません。

そこで、自然な被リンクを獲得する対策が重要になります。

Googleは被リンクをそのWebサイトへの投票だと考えています。

つまり、他サイトから引用されたり言及されたりするコンテンツを作れれば、自然に被リンクは増えていく事になります。具体的な対策としては以下のような方法があります。

  • 「とは検索」のコンテンツを制作し、他サイトから引用してもらう
  • SNSで情報発信をして他サイトで引用してもらう

 

「とは検索」のコンテンツを引用してもらう

Knowクエリでよくあるタイプは「〇〇とは」という検索です。この「〇〇とは」で検索した時に上位表示されているコンテンツは、〇〇に対して豊富な情報が掲載されているはずですので、集客だけでなく他サイトから引用される可能性も高いと言えます。

 

SNSで情報発信して引用してもらう

企業がfacebookやTwitterなどのSNSで情報を発信する事は珍しくなくなりました。多くのファンが付いているアカウントでWebサイトのコンテンツに関する情報を発信すれば、それを見た人が自分のサイトで引用してくれるかもしれません。

時には検索エンジンからの集客を目的としない、話題性の高いコンテンツを作る事も被リンク獲得対策になっていると考える事もできます。

 

まとめ

SEO対策の概要と具体的な方法についてご理解いただけたでしょうか。

ここで解説しきれない事もたくさんありますが、ご紹介したポイントをしっかりとおさえてWebサイトの運営をすれば、SEO対策はほぼ問題ないと言えるはずです。

ページの一番上へ