2015/02/27

モバイル対応しないと順位が下がる?Google「モバイル対応」をモバイル検索ランキング要因に

 2015年2月26日、Googleが「サイトがモバイルに対応しているかどうか」をモバイル検索結果のランキング要因に加えることを発表しました。

2015年4月21日から正式にランキング決定要因に

 2015年1月からGoogleは「モバイルユーザビリティ」の問題について、ウェブマスターツールを通じて、多くのユーザーにメールを送っています。これはウェブマスターに対し、サイトのモバイル対応を促すためのメールです。また、Googleはメールを送るだけでなく、モバイル対応状況をチェックできるツールの提供や、検索結果への「スマホ対応ラベル」追加など、サイトのモバイル対応を促す動きを見せています。

 「モバイル対応」は2015年4月21日よりランキング要因に追加される予定です。追加されることでユーザーは「モバイル環境で見やすいサイト」を見つけやすくなります。モバイル対応のアルゴリズム変更は、Googleによる発表から約2ヶ月の期間を経て実施される予定です。また、この度の変更は全世界が対象で、当然日本も含まれています。モバイル未対応なサイトのウェブマスターの方は、4月21日までの2ヶ月間で対応を完了させましょう

 

影響度「significant impact」 検索結果への大きな影響を予想

 モバイル対応へのアルゴリズムの変更について、Googleは、「Significant impact」(重大な影響)という表現を用いて説明しています。このことから、大きな順位変動が起こる可能性は極めて高いと考えられます。
 またGoogleは、モバイル対応に関するメールでの期間も含めると、アルゴリズム変更の約5ヶ月前からウェブマスターにサイトのモバイル化を促していたことになります。アルゴリズム変更に対して長い準備期間を設けたことからも、大規模な順位変動の可能性が伺えます。

 

あなたのサイトは大丈夫?「モバイル対応」評価の確認方法

 モバイル対応を実現するためにGoogleはいくつかのツールを提供しています。すでにモバイルサイトを運営されているウェブマスターの方もGoogleが定める「使いやすさ」の条件を満たしているか、確認することを強く推奨致します。

モバイルフレンドリーテストツール

検索結果に「スマホ対応」ラベルを表示するための条件を満たしているか確認できます。

ウェブマスターツール「モバイルユーザビリティ」レポート

モバイルサイトの使いやすさに問題がないか確認できるツールです。

 

モバイルフレンドリーなサイトにするための対応方法

 Googleが提供しているツールでモバイルユーザビリティに関する問題を見つけたら、見つけた問題点を改善する必要があります。Googleはウェブマスターに向けて、サイトをモバイルフレンドリーにするためのガイドラインを公開しています。

 

ウェブマスター向けモバイルガイド

モバイルサイトの使いやすさに問題がないか確認できるツールです。

 

まとめ

 2014年、モバイルの検索数はPCの検索数を上回りました。Googleは「検索ユーザーに求めているコンテンツを提供する」ために進化を続けています。もはや主流となりつつあるモバイルユーザーに対して「見やすく・使いやすく・役に立つ」サイトを見せようとすることは、当たり前と言えます。今回のアルゴリズム変更でGoogleはかなり早い段階から「モバイル対応してくださいね」とウェブマスターに伝えています。これからの時代に生き残ることができるようサイトをモバイル対応し、「ユーザーから見ても検索エンジンから見ても良いサイト」を作っていくことが大切です。

株式会社ジオコード|全てが完結する唯一のSEO対策
閉じる

無料ダウンロード!

SEMのトレンド・ノウハウを資料化!

資料ダウンロードはこちら

ページの一番上へ