概要

ファッション業界のWeb事情

ファッション業界がWeb販促を行う目的は大きく分けて3つあります。1つは自社ブランドのイメージを確立させるためのブランドPRのため。2つ目は数多くのファッション業界情報を掲載する雑誌に代わり、Webマガジンという形式で情報提供するため。最後に通販を行うECサイトを立ち上げ、コストを抑えて売上を出すという目的です。
ファッション業界をけん引する企業には、『ユニクロ』や『しまむら』といったファストブランドの企業が名を連ねている一方で多くの老舗企業は下降傾向にあります。そのため実店舗と並行し、ECサイトへオムニチャネル化を図っています。
衣類・服飾雑貨のEC市場は2017年時点で16,454億円の推定規模となっており、前年比較で7.6%上昇していると公表されています。低迷しているファッション業界の中でも、Webを使った戦略はもはやかかせないものとなってくるでしょう。
参考)経済産業省-平成29年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)
業界動向サーチ-アパレル業界

この業界の注目ポイント

  • 自社取り扱いのブランド名での指名検索を勝ち取れるような、ブランドサイトやECサイトを持ちましょう。
  • ブランドサイトでは、ブランドイメージに近い色合いやデザインが重要です。ただし、各情報にきちんとたどり着けるよう、リンク構造やUIをチェックしましょう。
  • ECサイトでは、取り扱いの点数を増やしページを増やすことでサイトが育ちます。同系統の商品がある場合は重複コンテンツにならないよう注意し、canonicalタグ等でWebサイトの整備を常に心がけてください。
  • 試着しているモデルイメージや商品詳細はもちろん、ユーザーにとってプラスとなるような情報も提供しましょう。例として、スタッフが実際に使用したレビューや類似商品との比較などが効果的です。テキスト化することによってコンテンツの充実にもつながります。
  • 商品ページ等をAMP(Accelerated Mobile Pages)化することによって、より快適なサイトとなるでしょう。

ジオコードの豊富な
SEO対策実績

様々な業種・業界を対策してきたジオコードの実績をご紹介いたします。
貴社に類似した事例がきっと見つかります。

対策内容をカスタマイズして
ご提案いたします

具体的な提案内容をご紹介いたします

  • 月額30万円

※初期調査後、足りないコンテンツ次第では別途初期費用をいただきます。
※保守費用は順位の状況に関わらず発生いたします。

ページの一番上へ