概要

建築・インテリア業界とは

東京オリンピック開催の2020年に向けて大きく需要が伸びているのが建築業界です。ですが、一般向けの戸建てというよりもインフラ整備やそれらに関わる物流関連企業、都心マンション建設といった大型需要が伸びているため、中小企業にとっては受託作業が大きな割合を占めるでしょう。特定の地域では災害による新規建設ラッシュとなるため、地方工務店については高齢化もあいまり深刻な人手不足が予想されます。

一方でインテリア業界については、ピーク時の約半分の販売額となっており業界の厳しさをうかがわせます。また、大手インテリア販売店・メーカーが業界売上高を大幅に占めており、新規参入についてはかなり難易度が高くなっています。

そんな中でも、ネット通販のみを専門とする販売店などが新たに台頭してきているため、独自性やユーザー観点を忘れずにブランディング戦略を行うことが売上アップの糸口となるかもしれません。

参考)みずほ銀行-建設業界の動向

株式会社ストライク-経営者のための建設・土木ラボ M&Aの業界動向~建設・土木業界~

一般社団法人日本家具産業振興会-家具小売業 時系列データ

業界動向サーチ-インテリア業界

この業界の注目ポイント

  • 施工業者であれば、各施工事例のテキスト量と文章での表現が重要視されます。写真でのBeforeAfterはもちろんのこと、費用や施工日数、使用した素材などを具体的に出すことによってメーカー名等で検索結果に表示させることも出来るでしょう。
  • 商品が大きくなればなるほど、比較検討が深く行われる業界になります。ビッグワードからスモールワード、指名ワードまで幅広く網羅することが大切です。
  • 購入すること自体を迷っているユーザー層に対しては、「○○とは」コンテンツを作成し、情報の詳細と費用感をコンテンツ作成したうえで伝達しましょう。

ジオコードの豊富な
SEO対策実績

様々な業種・業界を対策してきたジオコードの実績をご紹介いたします。
貴社に類似した事例がきっと見つかります。

対策内容をカスタマイズして
ご提案いたします

具体的な提案内容をご紹介いたします

  • 月額30万円

※初期調査後、足りないコンテンツ次第では別途初期費用をいただきます。
※保守費用は順位の状況に関わらず発生いたします。

ページの一番上へ