概要

士業とWebマーケティング

近年のSEM界隈では、Webサイトの内容(コンテンツ)の評価比重が高くなりユーザーのためにどれだけ有益な情報を提供できるかがカギとなります。

士業において取り扱い、開示する情報には他業界よりもさらに高い専門性と権威性、信頼性(E-A-T)が求められます。これはGoogleの品質評価ガイドラインに例として記載のある内容です。

士業のWebサイトにてありがちな問題としては、個人単位で営まれている事業所が多く、Webサイトには事業所の簡単な概要とアクセスのみで構成された情報量の少ないサイトが多いという点が挙げられます。

どういった分野を得意としているのか。特徴的なサービスはあるか。どのようなパーソナリティを持った専門家がいるのか。相談する際の流れやHow Toコンテンツなど、ユーザーの視点に立ちより詳細でフレッシュな情報を提供し続ける必要性があります。

参考)株式会社イノーバ-士業における新規顧客開拓の課題とトレンド

Google-品質評価ガイドライン(General Guidelines)

この業界の注目ポイント

  • 専門的な業界になるため、各コンテンツに専門家の監修や知識が必要不可欠となってくるでしょう。外部に依頼する際は必ず品質を確認するべきです。
  • 士業に相談する際、ユーザーは何らかの悩みを解決したいという思いを抱えています。各コンテンツのテーマや見出しは悩み解決型にすると良いでしょう。そしてそれぞれがなるべく完結に解決できるコンテンツの流れであるとなお良くなります。
  • 込み入った法律知識等は別途コラムや記事としてディレクトリを設けることでサイトコンセプトが混ざらないようになるでしょう。
  • 各々違った悩みを持ったユーザーが来訪しますので、内部リンクの構造を正し、ケースごとの導線構造をわかりやすく設計するといいでしょう。

ジオコードの豊富な
SEO対策実績

様々な業種・業界を対策してきたジオコードの実績をご紹介いたします。
貴社に類似した事例がきっと見つかります。

対策内容をカスタマイズして
ご提案いたします

具体的な提案内容をご紹介いたします

  • 月額30万円

※初期調査後、足りないコンテンツ次第では別途初期費用をいただきます。
※保守費用は順位の状況に関わらず発生いたします。

ページの一番上へ