概要

買取業界のWeb事情

中古品の買取業界は従来、来店してもらい買い取った品を店頭販売する店舗販売型ビジネスが主流でした。しかし近年ではCtoCと呼ばれる一般消費者間の取引の分野も大きな成長を見せています。特にフリマアプリと呼ばれる、衣服をメインにアプリを使った取引方法が急成長しており、2016年には3000億円に取引高が達したとされます。また、BtoCでもネットでの申し込みと郵送で行われる通販型の取引も2000億円程度の取引があり、Webを使った広告戦略やユーザーの使いやすさを重視したサイト、アプリ構成が今後も求められていくと考えられます。

参考)株式会社アプレ-APRE online リユース業界は今どうなっているの?今後の展望と併せて分析してみました

東洋経済オンライン-「メルカリに食われる」、リユース業界の悲鳴 2017年5月8日

リサイクル通信-2017年中古市場の将来予測、トップリーダーが示すキーワード18 2017年1月1日

この業界の注目ポイント

  • 買取の実績をカテゴリごとに分類し、実際の取引例等を掲載することによってWebサイトへの信頼と情報量を担保しましょう。
  • 買取可能な取り扱い商材についての説明やトレンド動向といったテキストをしっかりと入れ込むことで、キーワードを明確化させましょう。
  • 広告出稿やアフィリエイトが多い中で、SEOではコンテンツ量とテキスト量がカギを握る業界です。充実したコンテンツを用意するためにはユーザー心理を考え「買取業者に騙されないための見分け方」等、課題解決型コンテンツを用意しましょう。
  • 気軽に相談にのってもらえる(無料査定など)というのもユーザーメリットの一つです。CVまでの導線についても注力しましょう。

ジオコードの豊富な
SEO対策実績

様々な業種・業界を対策してきたジオコードの実績をご紹介いたします。
貴社に類似した事例がきっと見つかります。

対策内容をカスタマイズして
ご提案いたします

具体的な提案内容をご紹介いたします

  • 月額30万円

※初期調査後、足りないコンテンツ次第では別途初期費用をいただきます。
※保守費用は順位の状況に関わらず発生いたします。

ページの一番上へ