SEOは段階ごとの
対策が重要です

サイトの段階によって、対応するアルゴリズムは異なります。
まず対策サイトがどの段階にあるのかを調査する必要がございます。
把握した後に適した対策を施すことで、最大限の効果が出るような仕組みとなっております。

300位~初期フェーズの
SEO対策

サイトテーマが網羅されており、テーマの中で各ページの役割がはっきりと分担されていることが重要です。
ドメインが新しく、立ち上げたばかりのサイトはここに該当します。
サイトの目的や構成の見直し、テーマコンテンツの作成が必要なフェーズです。

主な施策内容

  • サイトテーマ全体のコンテンツ網羅性
  • 各ページの完結性
  • ドメインパワー
  • ターゲティング

50位~中期フェーズの
SEO対策

サイトテーマは網羅しており、検索エンジンからページテーマが認識されてきている状態です。
ここでは、競合と比較した際のコンテンツの優位性や外部サイトからの評価が重要視されます。
大半のサイトがこのフェーズに該当し、クリア出来ていない状態です。

内部対策

  • 共起語
  • ページの完結性
  • キーワード比較
  • 離脱率
  • オリジナリティ
  • PV・読破率

外部対策

  • リンク比較
  • クリックされるリンクからのアクセス
  • アンカー比率
  • ドメインの器
  • 被リンクのバランス

10位~最終フェーズの
SEO+SXO対策

検索順位で1ページ目(10位以内)にランクインしないサイトの場合、サイトへのアクセスを集めることが難しくなります。
この段階では、基礎的なSEO施策が終わっているようなサイトがほとんどであるため、ユーザーのニーズに応えたコンテンツを生成していくことや有効なリンクを集めること、ユーザービリティを改善することでサイト価値を向上させていきます。

主な施策内容

  • 指名検索の獲得
  • サイト名リンク
  • 下層ページの最適化
  • 各KPI数値の相対的優位性

順位の状況や現状サイトのSEO状況に合わせて、貴社専用の
「施策を組み合わせた対策プラン」をご提案させていただきます

ジオコードの豊富な
SEO対策実績

様々な業種・業界を対策してきたジオコードの実績をご紹介いたします。
貴社に類似した事例がきっと見つかります。

ページの一番上へ

閉じる

無料ダウンロード!

SEMのトレンド・ノウハウを資料化!

資料ダウンロードはこちら