外部リンク強化の重要性

外部対策を行う理由

2018年現在、Google検索エンジンの評価基準として考えられているのはコンテンツ、リンク、Rankbrainではないかとされています。
実際にGoogleの公開している『Googleが掲げる10の事実』では4項にて「PageRank のアルゴリズムでは、ページ間のリンクを「投票」と解釈し、どのサイトが他のページから最高の情報源として投票されているかを分析します。」と外部からのリンクを票に例え、投票が集まっているかどうかを順位付けのアルゴリズムにて利用していると明言しています。

内部対策やコンテンツの強化を施したサイトであっても、思うように順位が向上しない要因として、ページに対して外部からのリンク強化が出来ていないことが考えられます。

配布型の外部リンク

一般サイトの下層ページから提供されるリンク

  • ランキング&比較サイト作成ツール

    効果
    設置ベース 月20本~
    ドメイン/PR オールドドメイン、PR0~4
    IP分散 95%以上
    アンカー分散 自然分散
    1Pリンク数 3枠まで
    コンテンツ 300文字以上自由調整可能
  • ランキング&比較サイト作成ツールVer.2

    効果
    設置ベース 月30本~
    ドメイン/PR オールドドメイン、PR0~4
    IP分散 95%以上
    アンカー分散 自然分散
    1Pリンク数 1ページ独占型
    コンテンツ 1000文字以上自由調整可能
  • 広告タイプ

    効果
    設置ベース 月5本~
    ドメイン/PR オールドドメイン、PR1~5
    IP分散 95%以上
    アンカー分散 自然分散
    1Pリンク数 5リンクまで
    コンテンツ 掲載サイトに準ずる
  • カテゴリマッチタイプ

    効果
    設置ベース 月30本~
    ドメイン/PR オールドドメイン、PR1~5
    IP分散 95%以上
    アンカー分散 自然分散
    1Pリンク数 1ページ独占型
    コンテンツ 1000文字以上自由調整可能
  • NPOサイト・国民運動コンテンツタイプ

    効果
    設置ベース 月25本~
    ドメイン/PR 公益団体ドメイン、PR平均4.2
    IP分散 95%以上
    アンカー分散 自然分散
    1Pリンク数 1ページ独占型
    コンテンツ 1000文字以上自由調整可能
  • NPOサイト・社会貢献コンテンツタイプ

    効果
    設置ベース 月25本~
    ドメイン/PR 公益団体ドメイン、PR平均4.2
    IP分散 95%以上
    アンカー分散 自然分散
    1Pリンク数 1ページ独占型
    コンテンツ 1000文字以上自由調整可能

保有型の外部リンク

弊社にて所有しているサイトからのリンク

  • ブログ型

    効果
    設置ベース 月20本~
    ドメイン/PR オールドドメイン、PR2~6
    IP分散 100%
    アンカー分散 自然分散
    1Pリンク数 1ページ2リンクまで
    コンテンツ 700文字以上表示非表示自由
  • 専用コンテンツマッチタイプ

    効果
    設置ベース 月3本~
    ドメイン/PR オールドドメイン、PR平均4.0、最高7
    IP分散 100%
    アンカー分散 自然分散
    1Pリンク数 1ドメイン独占1リンク
    コンテンツ 独自記事1000文字以上
  • 比較サイト型1

    効果
    設置ベース 月1本~
    ドメイン/PR オールドドメイン、PR平均4.0、最高7
    IP分散 100%
    アンカー分散 自然分散
    1Pリンク数 1ページ5リンクまで
    コンテンツ 同業比較コンテンツ
  • 比較サイト型2

    効果
    設置ベース 月1本~
    ドメイン/PR オールドドメイン、PR平均4.0、最高7
    IP分散 100%
    アンカー分散 自然分散
    1Pリンク数 1ページ5リンクまで
    コンテンツ 同業比較コンテンツ

外部対策は、以下のような
サイト課題に効果的です

以下の様なサイト課題に対して、ジオコードの外部対策をおすすめしています

  • 内部対策をしたが思うように順位、流入が向上しない。
  • 今対策している外部対策では効果が出ていない。
  • 外部対策をしているが、警告の恐れがある。

Google警告
解除対策

Googleが検索結果を有益なものとして保つために行っているのが、スパム対策です。
精度を保つためにアルゴリズムの中で対処できないスパムについてはGoogleのチームが手動にて警告を送り排除しているケースもあります。
これらを総称してペナルティと呼ぶ方もいらっしゃいますが、Google公式では「スパム対策」と表記、呼称されています。
原因としては、バックリンクの操作や売買によるリンク調達、質が低いもしくは無断で複製されたコンテンツ等が挙げられます。

弊社ではGoogleからの警告を解除するサービスを提供しています。

アカウントの共有
貴社からのGoogle Search
Consoleのご共有
リスト抽出
Google Search Consoleから
リンクリストの抽出
独自ツールで差分追加
弊社独自ツールからリンク
を抽出し、差分を追加
リンク自動、手動精査
弊社独自で定めた基準にて
リンクを自動、手動精査します
フォーマット作成
Google申請
フォーマットの作成
リクエスト送信
Googleへ再審査
リクエストの送信
経過観察
解除されるまで上記
サイクルを繰り返していきます

ジオコードの豊富な
SEO対策実績

様々な業種・業界を対策してきたジオコードの実績をご紹介いたします。
貴社に類似した事例がきっと見つかります。

ページの一番上へ

  • 東京本社03-6274-8081

  • 大阪本社06-6377-0395

  • 受付平日9:30~18:30

閉じる

無料ダウンロード!

SEMのトレンド・ノウハウを資料化!

資料ダウンロードはこちら