サイトの基礎を作る内部対策

内部対策を行う理由

サイト内部に対策を施すとは、一般的にサイトを構成しているhtmlソースコードを書き換えることを指します。
サイト状況を判断するクローラーへ内容を正しく情報を伝達することが、各ページを検索結果に表示することへ繋がります。
検索キーワードに対応しているページであること、関連するページが存在していることをクローラーへ上手く伝達できていると、ユーザーにとって満足度が高いであろうサイトであるという評価を得られやすくなります。
そのため、サイトの作りから見直す内部対策が非常に重要とされています。

  • ジオコードSEO対策の指標としている参考物

    Googleが公式発信する対策内容をリスト化し、社内マニュアルとして運用。
    担当間でチェックポイントに差が出ないように品質管理を徹底しています。

    • Google企業理念
    • 検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド
    • Googleウェブマスター向け公式ブログ
    • その他Google社員発表のYoutubeやSNSなど

内部対策は、以下のような
サイト課題に効果的です

以下の様なサイト課題に対して、ジオコードの内部対策をおすすめしています

  • 内部対策の重要性は重々承知しているが、未だに最適な形を築けていない
  • 内部対策を行っているが、整理整頓されていないようなサイトに感じる
  • サイト内のコンテンツを増やし、それぞれのページへの内部リンクを強化して導線を作成したい
  • Web制作の技術を必要とする課題がクリアできていない

ジオコードの豊富な
SEO対策実績

様々な業種・業界を対策してきたジオコードの実績をご紹介いたします。
貴社に類似した事例がきっと見つかります。

ページの一番上へ

閉じる

無料ダウンロード!

SEMのトレンド・ノウハウを資料化!

資料ダウンロードはこちら